1,000円前後のウイスキーから〝究極のハイボール〟を求めて



カテゴリー : Dream <LifeStyle>

ハイボール
 
仕事帰りの30代を癒してくれるものの一つにお酒がある。仕事帰りにちょっと一杯ひっかけて帰るのもまたいい。既婚の人なら、直帰して子どもの笑顔を肴に飲むのも最高だ。ビール派、焼酎派、様々だろうが今回紹介するのは「ハイボール」。
 
そもそも「ハイボール」が再ブレイクしたのは、タレントの小雪を使った「ハイボール始めました」というキャッチフレーズでおなじみのテレビCMがきっかけである。コンセプトは、「30代の男性の方々に、ああいう店でハイボールを飲んだらおいしいだろうな」と思ってもらうところにあったのだ。40〜50代には馴染みの深いハイボールを、30代という若者と大人の微妙な年齢層をターゲットにしたことも、成功の一つの理由であろう。
 
そんなハイボールの火付け役ななんといっても「サントリー角瓶」でつくる「角ハイボール」だろう。コストパフォーマンスがすばらしいのは言うまでもない。やはりハイボールの醍醐味は1,000円程度のウイスキーを使うのが一般的だと言える。高いウイスキーで作ったハイボールは、確かに美味しいが、どうせならロックかストレートで飲みたいものだ。
 
今回当サイトがおすすめするハイボールは、角ハイボールではない。当サイトが〝ハイボールの殿堂入り〟と崇めるウイスキーは、「KIRINのフォアローゼス」で作るバーボンのハイボールだ。直輸入なら、値段も1,000円ほどで入手できる店もある。バラのほのかな薫りが、キンキンの氷とそこに注がれるソーダ水のスプラッシュに相まって、何とも言えない大人の味になる。
 
fourroses-yellow

美味しいフォアローゼスハイボールのつくりかた

ハイボール

ハイボールにすると美味い1,000円程度のウイスキー勝手にランキング

【1位】フォアローゼス

フォアローゼス
 

【2位】角瓶

サントリー 角瓶
 

【3位】富士山麓

富士山麓
 

【4位】バランタインファイネスト

バランタインファイネスト
 

【5位】サントリー ホワイト

サントリー ホワイト

評価

【1位】フォアローゼス
花や果実を想わせるほのかな薫りが、食欲をそそる。ロックやストレートにしてもいける、オールマイティーなバーボンウイスキー。
 
【2位】角瓶
ハイボールの火付け役。香味が主張しすぎてないから食事の邪魔をしない。バランスが最高。
 
【3位】富士山麓
賛否分かれるが、独特のスモーキーさはしっかりとした味わいでインパクト大。
 
【4位】バランタインファイネスト
くせがなく飲みやすい。薫り、味わいともにやわらかい感じでバランスがいい。
 
【5位】サントリー ホワイト
割と地味な印象だが、ハイボールにすることで存在感を増した。角瓶よりもソフトな感じで、後味がスッキリ。

ハイボールの人気レシピ

【1位】日本一旨い♡ハイボール
 
【2位】トマトハイボール
 
【3位】ジンジャーハイボール

炭酸を極める

ハイボールには強めの炭酸がいい。市販のもので一番強い炭酸は何と言っても「ウイルキンソン」。刺激の強いキレのあるすっきりとした大人の味わいが素晴らしい。
 
ウイルキンソン
しかし、ハイボールを極めれば極めるほど、もっともっと強い炭酸を求めたくなってくる。そんなときは、この「ソーダストリーム ジェット」使うといいだろう。
 

 
実はこれ当サイトのWebデザイナー「Y-Jet」も愛用している。自宅で簡単に炭酸水をつくることができるだけでなく、好みの強さの炭酸がつくれるのだ。もちろん超強めの炭酸をつくることも可能だ。ハイボールを極めたいならおすすめの一品。
 

▼ ▼ ▼

 
ハイボールは奥が深い。それはもちろん人それぞれ好みがあるからであり、つくる人によっても千差万別の味わいになる。是非、あなたにぴったりのハイボールを探してみてはどうだろうか。



トリアイナ
新着記事

連載

ランキング

  • It is up to oneself to make an uninteresting world interesting.